不動産を売る|住みたいところで不動産を探す【未来ファミリー住宅の探り当て】

不動産を売る

男性

一般のエンドユーザーに売却する

不動産を投資用や利益追求でない、純粋に居住する為に購入したいと思っている人に向けて売却しようとする試みがあります。道筋としては、まず不動産仲介会社に相談することになります。彼らは、不動産売却にあたり、査定をするだけではなく、買主を見つけるという重要な役割を果たします。彼らの算出する査定金額はおおよそ、3か月を目途に一般の買い手がみつかるであろう金額を算出いたします。もちろん、査定金額に不満があれば、他の不動産会社に不動産売却を依頼しても構いませんし、査定価格に納得したとしても、それより高い価格で市場に自己の不動産を出しても構いません。

買取専門の業者に売却する

もう一つ、不動産売却の方法としてあげられるのが、不動産買取業者に買い取ってもらうという方法です。この方法の最大の弱点は、一般エンドユーザであれば買うであろう金額よりもさらに、安い価格での買取価格になってしまうということです。彼らは、買い取った不動産を再販売して市場に出すという作業を生業にしているために、一般エンドユーザーが買うであろう価格で買い取っても、自分たちの利益を乗せなくてはならないので、どうしてもそれなりに安く買い取りをしなければならないのです。売主側にとっては安く買われるのはあまりいい気持ちにならないかもしれませんが、売れないよりはいいですし、不動産売却を急いでいるという状況であれば考えてもよいかもしれません。