不動産の売値|住みたいところで不動産を探す【未来ファミリー住宅の探り当て】

不動産の売値

女の人

不動産会社が提示する価格は適正なのか

不動産を売却する時に、不動産会社に査定を求めますが、その時に提示される価格は適正なのでしょうか。例えば、所有するマンションを不動産会社に査定を求めると2000万円という返事が返ってきたとします。実はこの額は、実際に2000万円で売れますよという意味ではありません。不動産会社は適正価格よりも1割から2割は高い価格設定をします。逸れなので、実際に売れる時の価格は1500万円から1600万円程度の場合が多いのです。では、なぜわざわざ高い価格を設定してあるのでしょうか。これは、その不動産を不動産会社が扱いたいからです。売買契約が成立すれば仲介手数料をもらうことができるからです。そのため売れるはずがない価格を提示することもあるのです。

売る時期と価格の関係

不動産物件を売却する場合には、その時期を価格の関係が重要です。売る主としては、できるだけ早い時期に高い価格で売れることを望んでいます。売主がよく勘違いしているのは、この不動産なら早い時期に高い価格で売れるだろうということです。しかし、買主の立場から考えれば、買主はたくさんの物件の中から慎重に選びます。また、1円でも安く買いたいため、高いなと思う物件はよほど気に入った物件でない限り手を出そうとはしないのです。よって、早くしかも高く売ることはまず考えられません。売主としては、できるだけ早く売りたいなら安値で売却をする必要があります。もし、高値に売りに出せば時間が経てば購入する人も出てくる可能性はあるのです。